関節炎の種類

関節炎といっても種類はたくさんあるようです。


最も多いのが膝や股間節に負荷が掛かることで発症する変形性関節症です。


原因には加齢や肥満、スポーツなどで、関節の痛みや腫れを訴える方の大部分がこの変形性関節症と診断されているようです。


他には、化膿性関節炎、結核性関節炎、感染性関節炎、関節リウマチ、痛風関節炎などがあります。


色々な原因で起こるとされ、原因も外的要因もあれば細菌性の要因、骨の異常などに端を発し、見極めの難しい場合もあります。


関節炎ではありませんが、関連の深い病気にも触れておきましょう。


関節に剥がれた骨の一部が乗り、ネズミのように動く事で痛みを感じる、プロ野球選手に罹患者の多い関節鼠(関節遊離体)、膝の骨や半月板が傷などでバランス欠いて起こる膝内症、骨の端の部分に血液が通わずに壊死し、関節炎のような症状が見られる特発性骨壊死があります。


他には自己免疫疾患の一種とされ、15歳以下の子供に関節の痛み、腹痛などが数日間発症するリウマチ熱などや、腱鞘炎から無理な体勢で文字を書いたりパソコンを使うことで関節炎のような痛みを感じる方もいるでしょう。


関節炎の種類はたくさんありますが、正しい治療には医師の診断が不可欠ですから、気になり始めたら病院で検査を受けるのが賢明な事です。


ホームページ紹介

リウマチ情報センターでは乾癬性関節炎などさまざまな症状について紹介しています
乾燥肌化粧品のランキングを知りたい方におすすめです。

コンテンツ一覧

Copyright © 2012-2014 関節痛に関する情報サイト. All rights reserved